オリエンテーション
2017年3月26日(日) 雨 八王子市 長池公園


 9時10分に京王相模原線南大沢駅に集合しバスで長池公園に移動して、長池公園自然館の会議室で森林インストラクターの資格取得支援講座「オリエンテーション」を行いました。今年度の「FIT友の会」は新規入会7名、継続4名、合計11名で森林インストラクターの資格取得を目指して活動します。

 今回が初めての顔合せの為に、最初にアイスブレーキングとして自己紹介を行いました。観光センターでのガイドするため、子供達に自然について教えたいためなど、森林インストラクターの資格を取得する動機を語って頂きました。

 その後、森林インストラクター東京会(FIT)の概要、FIT友の会の概要と活動計画、森林インストラクター資格試験の概要と養成講習会について説明しました。昨年は、友の会の講座と養成講習会の日程が一部重複しましたが、今年は重複を回避した日程にしました。養成講習会と友の会支援講座の両方を上手く活用して貰いたいと思います。

 午後は、冷たい小雨が降る中を、春の花が咲き出し、木々の新芽が伸びだした長池公園の雑木林で、模擬観察会を実施しました。オオバヤシャブシの尾花、キブシの花、コブシの花、ニワトコの新芽、雨の為花を閉じたカタクリ、モミジイチゴの下向きに咲き出した花、ウグイスカグラの小さい花、わずかに開き始めたクロモジの花芽など3月下旬の雑木林には春が一杯でした。

 春を迎えた雑木林の中を歩きながら、森林インストラクターは、単なる森林ガイドとして樹木や草花の名前を紹介するだけではなく、森林と人との間をつなぐインタープリテーターの役割を担っていることを解説しました。

 10月1日の森林インストラクター資格試験まで半年間、同じ目標を持った仲間と一緒に楽しみながら勉強して貰いたいと締め括って16時に終了しました。

参加者:
荒木さん、安久さん、岡部さん、小川さん、小野さん、芝原さん、富澤さん
二宮さん、矢野さん、横井さん
運営スタッフ:岡部さん、槙田(事務局・講師)

  (報告:FIT友の会運営部会 槙田幹夫)



友の会の活動予定を説明


先輩からのアドバイス


春真っ先に咲きだす「まんず咲く」


垂れ下がった木五倍子の花


辛夷の花弁は6枚


なんの蕾でしょう?


戻る