受験対策講座「模擬試験」
2016年8月27日(土) 八王子市 長池公園自然館


 森林インストラクターの資格試験1か月前の8/27に、FIT友の会受験対策講座の 講師が作成した試験問題を用いて、本番と同じ時間割りで「模擬試験」を実施しました。 友の会メンバー6名、園芸協会から1名参加し、7名が模擬試験問題に取り組みました。

 午前中は「林業」と「森林内の野外活動」の2科目です。 9時半から「林業」の科目。林業の衰退と自然災害の関連性の問題から山村振興に対する 特用林産物の役割まで幅広い項目に亘る設問に取り組みました。半分以上が記述式問題で 鉛筆を走らせる音が続きました。

 11時10分から2科目目の「森林内の野外活動」です。 野外活動、キャンプ、クラフト、野外ゲームの4分野からの設問に回答しました。 今年から8月11日が「山の日」として祝日になった事に関連した問題がありました。 本番でも出題される可能性があります。

  午後は「森林」と「安全及び教育」です。 13時から「森林」の科目。生物多様性の問題から樹木、鳥、昆虫、きのこ、法令までの 設問に回答しました。種子散布の種類と仕掛けを1つの実例をあげて説明する設問では、 正解者が少数でしたが、5種類に整理して理解しておいて欲しい処です。

 最後の科目は「安全及び教育」です。 山の安全から救命手当、森の民俗学、話し方、企画の立て方の設問に回答しました。 山の安全は、最近起こった事故や災害から出題される傾向があるので、今年4月に発生 した内陸活断層が原因の熊本地震に関連する問題に回答して貰いました。

 模擬試験に回答することで、これまで学習してきた知識の確認とまだ理解不足の項目に ついて、受講者各自の到達レベルと課題が明らかになったと思います。 一日で4科目行う長時間の試験にどう対応するか、記述式回答方法や時間配分等、今回 体感したことに基づいて、残り1か月の学習に活かし資格試験の突破を期待します、と 総括して模擬試験を終了しました。

 一人でも多く合格することを祈ると共に、4月からのFIT友の会「受験対策講座」の 運営に御協力頂いたFITの皆様に感謝申し上げます。

参加者:石松さん、岡部さん、小川さん、小野さん、藤岡さん、横井さん、荒木さん 運営スタッフ:岡部俊生さん、佐藤知子さん

  (報告:友の会運営部会 槙田幹夫)



「野外活動」の問題に回答中、後ろのスタッフは「林業」の採点中


「森林」の問題に取り組む皆さん


戻る