講演会及びクラフト研修
2015年10月10日(土) 調布市 調布あくろす


 森林インストラクターの資格試験が終了したので、今回は受験対策講座から一歩進めて資格取得後の活躍に資するよう「講演会及びクラフト研修」を実施しました。

 講師にFITの大先輩の米澤さんを迎え「森林インストラクターって何するの」と題して講演していただきました。

 日本の自然、気候と植生分布、色々な森林の姿、林業、森林レクリエーションのテーマで豊富な写真や手製の図を使用した説明がありました。
 その後、森林インストラクターって何をするかを、
  @伝えるべき内容
  A相手が求めているもの
  B伝える側が持つべき視点
の観点から解説して頂き、森林インストラクターを目指す受講者にとって、大変参考になりました。

 午後はクラフト作りの基礎研修を実施しました。
 「小枝エンピツ、鉛筆ブローチ」「カッコウ笛、ピッコロ笛」「木のペンダント、 ブンブン独楽」を作りました。
 作り方だけでなく、鋸、小刀、電動ドリル、ピンバイス等の道具(刃物)の安全な 使い方や子供達への指導方法、ラジオペンチやニッパ等の工具や瞬間接着剤を使用 するときの注意点、ポスターカラー等の色塗り用具の使い具合を習得しました。
 小刀や電動ドリル、ピンバイスは初めてか久し振りに使う受講者が殆どで、子供達に クラフト制作が指導できるよう、作り方と道具類の正しく安全な使い方を学びました。

受講者:友の会5名
講師:米澤 邦昌氏
クラフト講師:槙田 幹夫

  (報告:槙田 幹夫)



「森林の遷移」について


講師の米澤さんと質疑応答


「カッコウ笛」作り


制作した6種類の作品


戻る