受験対策講座「森林その2」
2015年6月27日(土) 八王子市 長池公園


「森林」科目の2回目として実習、演習主体に講座を実施しました。

 午前中は、講師が準備した10種類ほどの樹木の「枝付きの葉」を見て、葉っぱの 特徴から樹種を同定する演習を行いました。
 樹木に関心の高い受講生が多く、形状、鋸歯の有無、葉脈の並び、つき方、手触り などから殆どの樹種を当てていました。

 その後、受講者を3名ずつ4グループに分けて、「スギ・マツの葉」「土壌のサンプル」「シカ」「キツツキ」「キノコ」「土壌生物」の実物や絵・写真の中から、各グループで選択したテーマについて関連するキーワードを列挙して、それを3分ほどで解説する実習を行いました。森林の科目に含まれる各テーマなので、グループ毎に苦労しながらも真剣に取り組んでいました。

 午後は、過去に出題された問題の回答演習と、公園内で樹木・草花・鳥・昆虫・キノコ ・土壌などを観察して、「森林」科目の各項目に関して理解を深めました。併せて自然観察会での解説・インタープリテーションの実際を体験しました。

 今回で延べ6回、3か月に亘って実施してきた受験対策講座は終了しました。
 受講者の今後の勉強と試験突破を祈念するとともに、講師及び運営スタッフとして ご協力頂きましたFITの皆様に感謝申し上げます。

受講者:友の会9名、園芸協会2名
講 師:杉本尚隆さん
スタッフ:有村英信、槙田幹夫(写真)

  (報告:槙田 幹夫)



演習:葉っぱから樹種を同定


グループ実習:選択したテーマを3分間で解説


公園内の観察:森林土壌について


樹木の観察:ネムノキの花のつくり


戻る