森林インストラクター東京会の仲間達が見つけた
自然の
様々な場面を紹介するコーナーです。
2011年の記録です。



 
日付
見つけたもの  内容
発見者
  11.12.31 高尾山国有林巡視日誌・62 氷、雪、澄んだ空気、冬も楽しい 宮入芳雄
  11.12.19 谷戸田の四季G お米・食べるまで手間がかかります 宮入芳雄
  11.12.03 孤島・小笠原の生物その12 適応放散(てきおうほうさん)とは 藤田富二
  11.12.02 高尾山国有林巡視日誌・61 ブナの結実調査 シイナばかり 宮入芳雄
  11.11.27 孤島・小笠原の生物その11 キクの仲間の樹木など 藤田富二
  11.11.16 早朝散歩・多摩ニュータウンA 小さな秋見つけた 八木美雄
  11.11.04 谷戸田の四季F 収穫です。「唐箕」を知ってますか。 宮入芳雄
  11.11.02 高尾山国有林巡視日誌60 枯れた太郎ブナが折れました 宮入芳雄
  11.10.24 谷戸田の四季E 谷戸の田んぼは稲刈りです 宮入芳雄
  11.10.01 高尾山国有林巡視日誌59 東京直撃の台風で被害続出 宮入芳雄
  11.09.18 谷戸田の四季D 田んぼの緑は素敵です イナゴにイモリ 宮入芳雄
  11.09.13 孤島・小笠原の生物その10 珍しい鳥がすぐそばに 藤田富二
  11.09.01 高尾山国有林巡視日誌・58 夏の花や昆虫たち 宮入芳雄
  11.08.26 早朝散歩・多摩ニュータウン 身近なツル植物の花や果実 八木美雄
  11.08.05 谷戸田の四季C ニホンイシガメは良い話ですね 宮入芳雄
  11.08.10 熱帯植物の面白い葉っぱ タラノキと同じ仲間、似てますか 米澤邦昌
  11.08.07 孤島・小笠原の生物その9 コムラサキ、ラン、アザミ、どこか違う 藤田富二
  11.08.01 高尾山国有林巡視日誌57 人の良くない影響が蝶、草、木に 宮入芳雄
  11.07.23 東北の山 蔵王・月山・鳥海山・2011夏 佐藤康子
  11.07.15 谷戸田の四季B 田んぼの草取りの季節 宮入芳雄
  11.07.01 高尾山国有林巡視日誌.56 ランの花や虫のアラカルト 宮入芳雄
  11.06.25 佐潟(さかた) ラムサール条約湿地です 中野修平
  11.06.20 孤島・小笠原の生物その8 いろいろな固有種の花があります 藤田富二
  11.06.14 「宇宙いも」驚異の生命力 頑張ってムカゴから茎や根をだしました 田島弘志
  11.06.14 佐倉市・歴史民俗博物館 人間の暮らしと植物 米澤邦昌
  11.06.13 谷戸田の四季A 梅雨は田植えの季節です 宮入芳雄
  11.06.13 昔は柑橘類の大害虫 天敵は海外から導入したテントウ虫 中野修平
  11.06.10 梅雨の晴れ間に小仏城山へ オオバアサガラの花が満開です 佐藤康子
  11.06.08 札幌・北大植物園 開拓前北方針広混交林の面影 八木美雄
  11.06.02 高尾山国有林巡視日誌・55 とりわけジャケツイバラの花がきれい 宮入芳雄
  11.05.24 孤島・小笠原の生物その7 世界遺産に登録される見通しに 藤田富二
  11.05.05 谷戸田の四季@ 多摩丘陵の谷戸田の報告第1回です 宮入芳雄
  11.05.05 高尾山国有林巡視日誌・54 同じスミレですが外来種は困ります 宮入芳雄
  11.04.30 今年はイヌブナが大豊作? 前にもあった猛暑の翌年の豊作 米澤邦昌
  11.04.27 雌花・雄花が同株のヤマグワ 木の花を幾つか撮影しました 田島弘志
  11.04.16 孤島・小笠原の生物その6 珍しいキク科の樹木など 藤田富二
  11.04.01 高尾山国有林巡視日誌・53 大震災で人は少ないが春は来た 宮入芳雄
  11.03.20 小金井公園・お彼岸の頃 オガタマノキの花、コブシは無残 田島弘志
  11.03.02 ボルネオの熱帯雨林から ウツボカズラにラフレシア 深串泰光
  11.03.01 高尾山国有林巡視日誌・52 キジョランの面白い話しが載ってます 宮入芳雄
  11.02.25 孤島・小笠原の生物その5 島で唯一自生の針葉樹ヒデノキ 藤田富二
  11.02.01 高尾山国有林巡視日誌・51 氷、強風、ピンクの綿毛、そしてキノコ 宮入芳雄
  11.01.14 アザミの氷花 シソ科のシモバシラだけではありません 佐藤康子
  11.01.03 ドクウツギの謎 世界に隔離分布する不思議な有毒植物 田島弘志
  11.01.02  高尾山国有林巡視日誌・50  冬でもいろいろなものが見つかります  宮入芳雄


2012年 2010年 2009年 2008年 2007年