"

自然発見 高尾山国有林巡視日誌(166)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 
 ●令和3年2月15日(月曜日) 天候:雨のち晴
 この日は、日中大雨と強風の予報が出ていた為、森林官の巡回車に同乗し、林道を回った。最初は滝ノ沢林道。全長6.5qの長い林道なのだが車だと短時間で終点に着いてしまった。でも面白く無い。やはり歩くのが一番。
  ●令和3年2月15日(月曜日) 天候:雨のち晴
 板当林道は誰も歩かない林道だ。以前は滝ノ沢林道から下る道もあったのだが、10年程前に土砂災害があり、その復旧工事の際無くなってしまった。林道の終点付近には何故かメタセコイアが植えられている。落ちた葉が雨に濡れ、レンガ色になっていた。



  ●令和3年2月15日(月曜日) 天候:雨のち晴
 正午頃から雨が強くなってきたので、高尾森林事務所で待機。15:56雨が止み、急激に天気が回復し青空が広がっていく。見上げると虹が架かっていた。
  ●令和3年2月24日(水曜日) 天候:晴時々曇
 高尾山域で一番早く咲くヤマルリソウの場所は男坂。行くとあちらこちらで多くの花が見られた。昨年の咲き出しが2月1日だった。今日は昨年よりも3週間後なので、この咲き方は当たり前か。


 






  ●令和3年2月24日(水曜日) 天候:晴時々曇
 高尾山頂の中西悟堂の歌碑の近くにあるオニシバリの株。花が咲いていた。普通オニシバリの花柄は黄緑なのだが、ここの花は紫色という特徴がある。時間があれば覗いてみて下さい。
  ●令和3年2月24日(水曜日) 天候:晴時々曇
 午後4時過ぎに琵琶滝道を下る。高尾山口まで早く下れる道だが足元が悪く、時々転落事故も起きる。対岸の森に当たる夕日が明るく、余計足元が薄暗く感じた。



戻る