"

自然発見 高尾山国有林巡視日誌(161)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 
   ●令和2年9月12日(土曜日) 天候:雨
 小仏城山に続く都道日影林道。 ここではフクシマシャジンとツリガネニンジンの両方が楽しめる。 微妙な違いを見比べられるので勉強になる。 そんな中、白花のツリガネニンジンを見つけた。 清楚な感じが良かった。
   ●令和2年9月15日(土曜日) 天候:曇
 「蛸杉」付近で斜面を覗いたらシュウカイドウがまとまって咲いていた。この花は江戸時代に中国から持ち込まれた帰化植物で、繁殖力が強い。 早速、高尾森林事務所に連絡をして駆除してもらった。 もう一箇所あるのだが、急斜面でザイルが無いと危険だ。 困ったなぁ。そしてケーブルカーの沿線に大群落がある。 国有林だが貸地なので、ここは高尾登山電鉄に駆除してもらうしかないな。



   ●令和2年9月15日(土曜日) 天候:曇
 高尾山頂付近で装飾花が多いヤマアジサイを見つけた。 「シロマイコ」という品種名が付いている。 一輪だけというのも、何だか寂しい。 何年か前にも見たような気がするのだが、ここは草刈りをされることが多いので、なかなか咲くチャンスが無いのかも知れない。
   ●令和2年9月15日(土曜日) 天候:曇
 1号路の「城見台」付近。 ナラ枯れ病に侵されたアカガシを発見した。 幹にはカシノナガキクイムシによる無数のおが屑が・・・。 寒気を覚えた。






 
   ●令和2年9月26日(土曜日) 天気:雨
 今日もまた雨。南高尾山稜を行く。 目の中に赤い色が飛び込んできた。ベニチャワンタケモドキ。 雨に濡れると赤色がより鮮明になる。
   ●令和2年9月26日(土曜日) 天気:雨
 平成20年のゲリラ豪雨で消失したと思っていた旧逓信省の電話線の中継施設が残っていた。 記憶していた場所より上にあった。 現在は森林官のサポートをしている元相棒の関さんが山中で探し出し写真に撮ってきた。 この電話線は地中ケーブルで横浜まで続き、その先は海底ケーブルで大陸まで繋がっていたという。 貴重な産業遺産なので残っていたのは嬉しいが、6年前に出した私の本『ぼくは高尾山の森林保護員』で、撤去されたと書いてしまった。 どうしよう・・・



戻る