"

自然発見 高尾山国有林巡視日誌(159)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 
  ●令和2年7月12日(日曜日) 天候:曇のち晴
 高尾山頂下から大垂水峠へ続く大垂水歩道(学習の歩道)。 もみじ台下〜大平林道間が昨年の台風19号で道が崩壊して通行止めになっている。 崩壊地を迂回して強引に通行しているハイカーもいるようだが、今回もっと危険な箇所が確認された。雨が降ると滝になるほど急斜面な沢に掛かっているコンクリート橋。 その橋を支える鉄骨が外れている事が確認された。 何かあると命にかかわるので、この道の通行は本当に止めて下さい。
  ●令和2年7月12日(日曜日) 天候:曇のち晴
 久し振りにイガホオズキに出会った。 メインルートでこの植物が生えたのは珍しい。 どのように移動しているのだろうか。



  ●令和2年7月12日(日曜日) 天候:曇のち晴
 コクランの花の時期なので、そこを目指したが自生地の入口を忘れてしまった。 たまたま知り合いに出会い、教えてもらった。 記憶にある場所からはかなり上部だった。 花も花期も終わりに近く、最後の花だった。 全ての花期が早まっている。 温暖化の一言で片づけたくは無いのだが・・・。
 ●令和2年7月24日(金曜日・祝日) 天候:曇時々雨
 小仏城山山頂付近で咲いていたタカトウダイに2p弱のマドガがやって来ていた。 私が使っているコンパクトデジカメは小さな花や昆虫にピントが合いにくい。 この時は上手くピントが合ってくれた。本当に嬉しい。


 
 ●令和2年7月24日(金曜日・祝日) 天候:曇時々雨
 昨日東京都の新型コロナの感染者が366人と発表された。 Go Toトラベル(強盗トラブル?)キャンペーンから東京都民が外され、都外への移動が自粛された。 そうなると都民の行き先は高尾山?。 不安だったので高尾山口からの入山を日影沢に変更した。 人が集中しないコースを選んだが、高尾山頂だけはチェックしなければならない。 予想通り観光客であふれていた。 若者たちと家族連れが多かった。 室内では無いが「密」な状況。 危ない危ない。 急いで現場を離れた。
 ●令和2年7月24日(金曜日・祝日) 天候:曇時々雨
 ある林道終点付近に大きな岩壁がある。 そこにびっしりイワタバコが貼り付いている。 花期もこの日がベストなので訪れた。 最盛期からは少々遅かったが、迫力がある。ただ問題は岩壁が大き過ぎて全体を撮るとイワタバコが小さ過ぎて写らない 。取りあえず一番良さそうな株を撮った。



戻る