"

自然発見 高尾山国有林巡視日誌(157)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 
  ●令和2年3月1日(日曜日) 天候:晴
 北高尾山稜の富士見台近くの国有林で約15本の木が不法に伐採された。 目的は八王子方面というか、八王子城山への景観を良くするためのようだが何故このような違法な事が出来るのだろうか。 とても個人の仕業とは思えないのだが・・・。
   ●令和2年3月7日(土曜日) 天候:曇時々晴
 木下沢梅林のウメが見頃だ。ただ新型コロナウイルスの影響で、今年の梅祭りは中止。 梅林の中には入れない。 でも外からでも十分美しい。 写真に撮って横長にトリミングしたら、図屏風の様な感じになった。








   ●令和2年3月7日(土曜日) 天候:曇時々晴
 都道木下沢林道でヤマトリカブトの株を見つけた。 周りを見ると株数も多い。 小下沢では初めてだ。 しかしここは、いつもなら車で移動している場所。 気がつかなかったのは私だけかも知らない。
   ●令和2年3月7日(土曜日) 天候:曇時々晴
 小下沢林道の緑壁(大岩)は、さすがに台風でもビクともしなかった。 ここはイワタバコの自生地。 岩の隙間を覗き込んだら、皺々(しわしわ)の小さな葉が芽吹いていた。 なるほど、これが展開すると、あの大きな葉になるのか。







 
   
●令和2年3月7日(土曜日) 天候:曇時々晴
 小下沢キャンプ場跡地と景信山を結ぶザリ窪も台風19号の影響を受けた。 沢沿いの道はほとんど無くなっていた。 ハナネコノメの自生地も壊滅状態。 でも一部に葉が残っていたので、いずれまた復活する事を願う。 そんな中、ニリンソウが咲き出した。 まだ一輪だけだが。
   ●令和2年3月29日(日曜日) 天候:雪のち曇
 春の大雪。 なんでこんな日と巡視日が重なってしまうのだろう。高尾山頂では積雪約30p。 咲き始めた桜の花に雪が積もっていた。 それも湿った雪。 花にとっては重たく感じるだろうな。



戻る