"

暴風台風の爪痕 樹木哀れ

     
  日本列島を一直線に猛烈なスピードで駆け抜けた台風24号。 雨量はそれほどではなかったが、記録的な暴風が吹き荒れた。 東京でも45メートルをこえる最大瞬間風速を記録、倒れた木が線路や道路をふさいで10月1日朝の交通にかなりの影響も出た。
 近くの都立小金井公園に行ってみたら樹木たちが悲惨な状態だった。 大きな木がへし折られたり寝返りして倒れ、吹きちぎられた枝などが散乱していた。 公園がこれほど樹木が被害を受けたのは初めてではないだろうか。被害の一部を紹介します。

                                 
★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 


 
公園の北口に通じる道路は倒木で通行禁止      ユリノキの大木が根返り、奥の木は上部を
   へし折られた


 

木陰を作ってくれたケヤキの大木も倒れた ヒマラヤスギの大木の上部が折れた


 
二股のケヤキの片方がポキ サワラが押しつぶされる様に倒れていた

  

  ユリノキは風に弱いのか、大きな枝がたくさん折れる 公園の名物サクラもたくさん倒れていた


 
倒れたイチョウの雌木の周りに銀杏が散乱    サクラの大木がかなり折れている 


 
 大きなヒマラヤスギが柵を壊す、急いで処理   椎の大木の向うに倒れているのはヤマザクラか 


 
ミズキとアオギリが入り乱れて倒れていた    大きなアオギリが折れていた 



戻る