"


「六義園のアジサイ」      

 六義園では、サツキ(写真1)に加えてアジサイが咲き始めました。
ここで、アジサイは、梅雨時、大きな装飾花がつき、土壌の酸・アルカリ性で白、青、紫、赤と変色し、古代、藍色の装飾花から「集真藍」(アヅサイ)と名付けられ、平安時代には「紫陽花」(アジサイ)と呼ばれるようになりました。 ガクアジサイ系(大きな光沢ある葉、海岸近くで自生し装飾花が額縁状のガク咲と全て装飾花のテマリ咲)とヤマアジサイ系(沢沿いに咲き小ぶりで多数の栽培品種)に大別されます(写真2)。  六義園には十数種のアジサイが植栽されており、ヤマアジサイ系のシチダンカ、クレナイ、ミヤマヤエムラサキ(写真3,4,5)などに交じって、フランスから里帰りしたシーボルトゆかりのガクアジサイ系のオタクサ(写真6)も観賞できます。
 機会がありましたら、是非、JR山手線駒込駅から徒歩10分の六義園にお立ち寄りください。
                                                               
                                                                                                             2017.6.5
     
玉藻磯のサツキ (写真1) ガクアジサイ(左)とヤマアジサイの葉 (写真2)







 
シチダンカ (写真3) クレナイ(写真4)


 
ミヤマヤエムラサキ (写真5) オタクサ (写真6)




戻る