自然発見 高尾山国有林巡視日誌(100)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌


 
●平成27年3月5日(木曜日) 天気:晴一時曇
 南高尾のモリアオガエルの産卵地でヤマアカガエルが産卵していた。アップで撮ってみた。白濁した卵は受精出来なかった卵と思われる。
 ●平成27年3月12日(木曜日) 天気:晴
 八王子城山、到着。ここから「駒冷」「詰の城」経由で「富士見台」に向かう。「詰の城」の先の堀切の窪地に7p程のお地蔵さまが置かれていた。最近、高尾山域でお地蔵さまの石仏を置く事が目立っている。困ったことだ。






 
●平成27年3月19日(木曜日) 天候:曇のち雨
 北高尾山稜で1p程のキノコを見つけた。不思議な形で、毛も生えている。家に帰り、図鑑を片端から調べたら「スエヒロタケ」というキノコだった。
 ●平成27年3月19日(木曜日) 天候:曇のち雨
 11:28 堂所山、到着。コナラの切株に、シイタケが生えていた。麓のシイタケ栽培の場所から菌が飛んできたのだろうか。

 





●平成27年3月22日(日曜日) 天気:晴時々曇
 大平(おおだいら)林道を行く。ヒキガエルのメスがオスを乗せて歩いていた。普通、交尾は水場で行うものなのだが、余程しつこい(ストーカー?)オスだったのだろう。
 ●平成27年3月22日(日曜日) 天気:晴時々曇
 高尾山頂下から逆沢作業道を下り、日影沢歩道を行く。午前中は確認出来なかったアズマイチゲが花を咲かせていた。

戻る