東海道の一里塚(日本橋から京都三条大橋まで)

  東海道五十三次を日本橋から京都三条大橋まで百二十六里を二月と三月に通算十三日で歩いた。 今は川には橋が架かり宿は電話で探せるし、食べ物は途中調達できますので楽ですが、車社会でない頃の歩きはのどかなものだったでしょうか。 江戸幕府が天下掌握のため整備した街道の一里塚制度は、物流、通信に大いに成果を発揮しました。 また地図も持たず初めての土地を歩く人にはこの一里塚が大きな目安になりました。 一里塚は偉大なインフラであり文明所産だと思います。春に芽吹き、夏に茂り、秋に色づき旅人に安らぎを与えたことでしょう。 一里塚が将来も保存され街道の風情が保たれますように!

   
                             1.畑宿一里塚
 日本橋より23里目、平成に箱根町が保存整備、石畳の路の両脇の塚の上に樅と欅が植えられている。
                    神奈川県足柄下郡箱根町畑宿
                              2.錦田一里塚
 日本橋より28里目、松並木の国道1号線(東海道)を挟み一対残って旧態を保っており国史跡である。塚木は榎。
                         静岡県三島市川原ヶ谷

 
                              3.笠寺一里塚
   日本橋より88里目、塚木は榎。一里塚の造成基準は五間(約9m)四方、高さ一丈(約3m)でこの塚は付合している。
                           名古屋市南区笠寺町
                              4.野村一里塚
 日本橋より105里目、樹齢400年の椋の巨木、椋の一里塚はここだけ。国史跡。
                       三重県亀山市野村3丁目

戻る