「渡良瀬遊水地で謎の寒天状物体を発見 !」

  今回の渡良瀬遊水地研修(5/25実施)で、直径30cmほどの謎の寒天状の物体を池の中に見つけ、
これは何だ!と大いに盛り上がりました。調べた結果、『カンテンコケムシ』と判明しました。 
外肛動物門、掩喉類だそうです。 名前の通りきれいな寒天状でした。 
 ★説明しているサイトをご紹介。 →
https://sites.google.com/site/kokemushiweb/


なんだあれは?渡瀬湧水池の池に設置された観察用の橋の支柱に付いていた謎のぶよぶよ。
(下に見えている葉はヒシです。)

 
水中から手で掻き取ったぶよぶよの物体の一部。
きれいな寒天質で、寒天の部分は無味無臭。
  寒天の表面に付いていたよごれのような部分のアップ。
黄色い卵のようなものから枝状に広がっているように見えます。
 

戻る