自然発見 高尾山国有林巡視日誌(89)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌


 
●平成26年4月3日(木曜日) 天気:雨
 雨の富士見台。コブシの花が満開。だが、あいにくの雨で精彩を欠いているのが残念だ。
  ●平成26年4月6日(日曜日) 天気:曇のち雨一時霰
 タチツボスミレは、いろいろなタイプがある。白花で距(花の後ろに突き出た部分)が紫色だと「オトメスミレ」という名前が付けられている。これは花すべてが白色の「シロバナタチツボスミレ」。ありそうだが、なかなかお目に掛かれないスミレだ。

 
●平成26年4月8日(火曜日) 天気:晴
 南高尾山稜にある展望台。眼下には津久井湖。正面には富士山と丹沢山系。それに満開の桜。何も言うことはない。(写真では富士山が見えにくいのが残念だが…)
  ●平成26年4月13日(日曜日) 天気:晴
 高尾山頂の桜は、この日が満開。人出もまずまず。皆思い思いにカメラを向けていた。

 
●平成26年4月13日(日曜日) 天気:晴
 大平林道でミヤマキケマンが咲き出した。この花は花期が長い。これからしばらくお付き合いが続く。
  ●平成26年4月24日(木曜日) 天候:晴
 小下沢林道に大量のヤブツバキが落花していた。長く続いた花期もそろそろ終わりに近づいているようだ。

戻る