高尾山国有林巡視日誌(66)
 林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌「その66」です。

●平成2445(木) 天気:晴

 4月になり、森林保護員のメンバーが2人入れ替わった。長年のパートナーだった加藤さんと歩けないのは、少し寂しい気がする。

 ・・・という話とは関係なく、高尾山頂に新しいトイレが出来た。洋式便器、自動調光・・・最新の設備だ。「なぜ高尾山に洋式トイレが無いのですか?」と、観光客やハイカーに言われ続けられていたので、これで一安心だ。

●平成24412日(木) 天気:晴

 高尾山のネコノメソウといえば、人気の「ハナネコノメ」そしてよく見る「ヨゴレネコノメ」と「ヤマネコノメソウ」。案外知られていないのが、この「ツルネコノメソウ」。あまり見かけないが、沢沿いの湿った場所に生える。小さな沢が流れ込んでいる所を探せば出会えるかも知れない。

●平成24415(木) 天気:晴時々曇

 今年のサクラの開花は遅かった。とはいえ里ではもう葉桜。だが高尾山ではこれからが開花期。一丁平でも、やっと花が目立つようになってきた。

●平成24419日(木) 天気:曇時々晴

 今年の冬、加藤さんが南高尾山稜で見つけた「イヌエンジュ」。点在する傾向があるので、高尾山域ではここでしか確認していない。今日通りかかると若葉が出ていた。銀色の綿毛が雲の隙間から射し込んできた陽光に照らされ、美しかった。

●平成24426日(木) 天気:雨時々曇

422日に全焼した日影沢キャンプ場の「ウッディハウス愛林」。展望塔がポイントのかつての姿は無く、黒焦げの柱や梁だけが残っていた。原因は漏電、との事。当日私は出火した午後520分の約2時間前に現場を通過した。いつもと変わらない日影沢キャンプ場だったのだが・・・ 

●平成24429(日) 天気:晴

 久しぶりに高尾山にエリマキトカゲ登場。イヌブナの実生だ。昨年、イヌブナの実が豊作だったので、期待はしていた。森林保護員になって約6年。この期間には見られなかったので、前回は7年前か、8年前か・・・気のせいか前回の時の方が、大量に発芽したように思えるのだが・・・。


戻る