早朝散歩・多摩ニュータウンA
小さな秋見つけた

 日の出時間は、早朝散歩を始めた8月初めには5時前でしたが、秋が深まり11月に入ると6時過ぎと日に日に遅くなります。遠方通勤のため、植物観察とゴミ拾いを兼ねた早朝散歩は週末に限られるようになってきました。
 前置きが長くなりました。FITでも荘司さんから高尾山の林道の草刈りのことが話題になりましたが、当然のことながら団地では秋の草刈シーズンに入ったとたん、草木染用の虫こぶがたわわに実ったヌルデがバッサリ伐採されてしまいました。
 ところが、団地に隣接するゴルフ場からコンクリート塀越しに歩道側に垂れ下がる、ヒヨドリジョウゴ、クサギ、ノササゲ、ヤマノイモ、オニドコロ、カナムグラの実たちは無事でした。そして、街路樹のハナミズキには赤く色づいた葉に赤い実が溢れ、身近に実り豊かな小さいを見つけることができました。


ヒヨドリジョウゴ(ナス科)

クサギ(クマツヅラ科)

ハナミズキ(ミズキ科)

ノササゲ(マメ科)


戻る