ジャカランダの花

南半球の桜と言われるジャカランダ(ノウゼンカズラ科)が大田区西蒲田の環八沿いで今年も咲きました。南半球では9月に葉が出る前に町を紫に染めて咲くそうです。樹高は5mほど、葉はネムノキに似ています。葉は冬を越し4月に落葉して5月にもう芽吹きます。日本では葉が出てから咲いています。花は次々と落ち、5cmくらいの大きさです。透明な青さが梅雨空に映えています。



戻る