高尾山国有林巡視日誌(37)
 林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌「その37」です。

●平成211110日(火) 天気:晴のち曇

 小下沢林道で美しい芋虫に出会った。突起の先が鮮やかなブルー。シンジュサン(蛾)の終齢幼虫。この時期にまだ幼虫ということは、これから蛹になり、冬を越すのだろう。

●平成211112日(木) 天気:曇一時雨

 古い木の切り株にキノコがびっしり生えていた。ナメコに似ているが、柄が細い。エノキタケだ。

多摩地区には普通に菌が飛んでいるようで、私が住んでいる多摩ニュータウンでも、炭焼きの時に残った炭材にブルーシートを被せておいたら、翌年大量に発生した。(その時は自信が無かったので図鑑を横に置き、確認しながら食べた記憶がある。)

●平成211112日(木) 天気:曇一時雨

 八王子城山の森の奥。ほとんど誰も訪れることもない場所に「清龍寺滝」と呼ばれる滝がある。整地されたような平らな所もあり、昔はここに寺院があったのだろうか。寂しい場所で、一人ではあまり行きたくない。それに、いつもは水がチョロチョロと流れているだけで、幻の滝だ。

だが、ここ数日雨の日が続いていたので行ってみた。思ったよりしっかりした滝がそこにあった。幻の滝にやっと出会えた。

平成211115日() 天気:

 11月の日曜日、というだけで高尾山頂は人でごった返す。まして快晴で富士山までくっきり見えるとなると、もうどうなるか想像していただきたい。・・・早々に山頂を下り、大平園地に避難(?)した。

●平成211119日(木) 天気:曇のち雨

 高尾山への来山者が増えるということは、山の事故も増えるということだ。年配のハイカーが多いので、「心筋梗塞」「脳梗塞」など命に関わることも多い。だが高尾山で救急要請をするとすごいことになる。先ず、救急バイクがやって来る。そして消防、警察の救急隊約20人が山を駆け上がってくる。そして現場の判断によって、ハイパーレスキューのヘリコプターが飛んできて搬送となる。高尾山で軽い気持ちで救急車を呼ぶと、かなり大袈裟な対応をされる・・・お覚悟を。

●平成211128日(土) 天気:晴のち曇

 ケーブル「高尾山駅」近くのメグスリノキが今年は美しく紅葉した。例年だと紅と黄色が混じったり、葉が一部枯れたりするのだが、今年はすべて紅く染まった。案外、今年の高尾山は良いかも。


戻る