小金井公園

もうすぐ立春ですが、東京は底冷えのする寒い日が続いています。厚手のジャンバーにマフラーで防備し近くの都立小金井公園を歩いて見ました。


春にまず咲くはずのマンサクが枯れている。新しい葉が出ると間もなく茶褐色に枯れると言う奇病に何年もやられていた。ついに衰弱して株全体が枯れてしまった。枯れたマンサクは他でも良く目にする。

ひょうたん池に薄い氷が張っていた。この池にはカワセミがよく来る。

シマサルスベリの大木が何本もある。南の島の木だが、白い肌が寒い季節に合う。

リョウブの果実が枯れて残っていた。小さな種子は風で飛んだのかほとんど無かった。

タイザンボクの花芽。常緑だがコブシたちの仲間、同じように厚い毛皮のコートを着ている。

雑木林のヤマコウバシはまだ枯葉を付けていた。芽が出るまで残っているのか?

ユリノキの集合果は上向きに構えて強い風を待つ。脇から吹きかんだ風で実はクルクルと飛んでいった。外側だけがコップのように残っている。冬芽はまだ固い。

フジ棚の下に種がたくさん落ちていた。鞘がねじれて自動散布するのだが、飛ぶ距離はそれほど遠くない。


戻る