北岳の高山植物

キタダケソウ(キンポウゲ科)
北岳だけにしかない宝物。本来の花期は6月下旬であるが、肩の小屋の近くに、遅咲きの花が咲いていた。

キタダケソウ(キンポウゲ科)
本来の花期に花を咲かせた株は、実をつけていた。


ツクモグサ(キンポウゲ科)
高山帯の乾いた草地に生える多年草。肩の小屋付近にて撮影。

イワヒゲ(ツツジ科)
高山帯の風当たりの強い岩場に生える低木。

タカネマンテマ(ナデシコ科)
ユニークな姿が印象的な若い果実。

チョウノスケソウ(バラ科)
花が終わり雌しべが伸びたもの。やがてほぐれる。

夏山シーズン到来。日本第2位の標高を持つ南アルプスの北岳は、高山植物の宝庫でした。


戻る