初夏山&草原の花

梅雨の晴れ間に久しぶりに訪れた、長野県と群馬県の境にある山&高原で見られた自然の姿ををお届けします。


グンバイヅル(ゴマノハグサ科) 種が軍配の形に似ていることに因むそうです。たくさん咲いていましたが、絶滅危惧種です。


戻る

シュロソウ(ユリ科) 葉の基部に残る毛がシュロに似ていることから。緑色の草原の中で、紫褐色の花は目立ちました。

たくさんのアヤメが高原の草地で、色鮮やかに咲いていました。

サラサドウダン(ツツジ科) 紅白の縞模様が美しい、姿も名前もきれ素敵な花です。たくさん咲いていました。

羽の模様が目に留まって思わずパチリ。

稜線上の火山性の砂礫斜面に咲いていた、高山植物の女王。ちょっと珍しい白いコマクサでした。