初夏の庚申山

6月下旬に庚申山を訪れました。滝川さんのご報告に続き、庚申山で出会った初夏の自然をご紹介します。銅山開発の歴史をもつ庚申山を含む足尾山地一帯は、かつて森林が荒廃しましたが、近年の治山事業により少しずつ緑が回復しつつあります。銀山平付近では治山のため植えられたハリエンジュや、崩壊地に多いヤシャブシが目立ちました。明るい谷筋や林道沿いにはオオバアサガラが花盛り、庚申山荘にかけての沢沿いには、サワグルミ林が続き、次第にダケカンバやコメツガ林の亜高山帯の様相に変わってきます。樹林相の変化も楽しめる山です。

ヤマクワガタ(ゴマノハグサ科)左は花、右は実です。この実がかぶとの鍬形に似ていることからこの名前がついているということです。


ヒメムヨウラン(ラン科)全体がこんな色です。腐生植物で葉緑素を持ちません。落ち葉にまぎれてひっそりと。

クロカンバ(クロウメモドキ科)チョッと珍しい木に会いました。大きな葉の間から小さな花がのぞいていました。

ツルガシワ(ガガイモ科)ふしぎな形をした草です。よく見ると葉の付け根に赤紫色の花が集まっています。花はガガイモに似ています。


戻る

サワグルミ(クルミ科)まっすぐに立つサワグルミ。すだれのようにたくさんぶら下がっているものは若い実です。

オオバアサガラ(エゴノキ科)林道沿いに多く見られ、白いシャンデリアのような花がたくさんぶら下がっていました。

ユキワリソウ(サクラソウ科)左とコウシンソウ(タヌキモ科)右滝川さんの報告にあったように垂直の崖に一緒に咲いていました。