高尾山国有林巡視日誌(7)

 林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌「その7」です。



戻る

●平成19年4月19日(木曜日) 天気:曇時々晴

今日は6号路〜霞台〜4号路〜高尾山頂〜一丁平〜大平林道〜大平園地〜高尾林道と、高尾山頂周辺を隈無く歩いた。下山ルートは稲荷山コースを選ぶ。途中にある東屋から見る山腹は木々の芽吹きの真っ盛り。木によって芽吹きの色が違う。「錦綾なす」といった風情だろうか。

【写真:芽吹きの山】

平成19年4月22日(曜日) 天気:晴

八王子城山周辺の危険木のチェックと伐採をする。境界標280支8と9の間の地点でモミの枯れた大木が倒れ、道に掛かっていた。4月12日の巡視では確認出来なかったので、ここ
10日の間に倒れたものと思われる。こういう事があるので危険木のチェックは気が抜けない。

【写真:モミの倒木】

平成19年4月26日(木曜日) 天気:晴時々曇

一丁平から小仏城山にかけての道はイカリソウが花盛り。良い写真を撮りたいために、立入禁止区域に入り込むハイカーも多い。穏やかに注意するよう心がけている。

【写真:イカリソウ】

●平成19年4月29日(日曜日) 天気:晴

8:50 高尾山口、出発。1号路を登る。連休で天気が良かったため観光客、ハイカーが多く、植物解説、コース案内、花の栞配布等を行う。
途中、高尾山、NO.2のブナを見るため「いろはの道」を下る。通称「美人ブナ」は若葉が美しかった。

【写真:NO2のブナ】

●平成19年5月1日(火曜日) 天気:曇のち雨

9:00 高尾山口、出発。高尾山口では雨の予報のため一般ハイカーは少なかったが、小学生の遠足が多かった。238林班経由で高尾山頂に向かう。

1300 高尾山頂、到着。小学生の団体は一部を除き、ほとんどが下山していた。もみじ台から南の巻道を行く。オオバウマノスズクサの花を見ることが出来た。

【写真:オオバウマノスズクサ】

●平成19年5月1日(火曜日) 天気:曇のち雨

この日も稲荷山コースを下りる。雨も止んだ。東屋から見る山腹の木々は12日前の芽吹きの色から新緑の色に変わっていた。

【写真:新緑の山】