冬の樹木

葉が落ちた近くの木々を見て歩くと冬ならではの面白さがある。冬芽にはそれぞ 寒さ・乾燥対策の工夫があり、葉痕の形、樹形と冬の樹木観察は興味深い



戻る

コブシ 外套が取れると中にミンクのコートを重ね着で寒さ・乾燥対策

エノキ  冬の落葉樹はは虚飾を剥ぎ取られて本来の思想だけで立っている

幹から冬芽 幹から直接冬芽が顔を出す。トチノキの逞しさを感じる

アオギリ 枝の先に集まって褐色の毛に包まれ丸い冬芽を付ける。大きな葉を付けるので小枝も太く、葉痕も大きい

サンシュユ 花芽は褐色で先が少し尖った球形である

ネコヤナギ 赤銅色の冬芽の帽子が取れると銀色の軟毛が現れる