鳥見 in 高尾山 (ふたば会主催「鳥見の会」)
2017年5月25日(木)
日影林道〜小仏城山〜一丁平〜山頂直下トイレ〜富士道〜慰霊塔〜一号路 〜高尾山口駅


 日影沢に入るとすぐにサンコウチョウが出迎えてくれました。

 キャンプ場で開会式後、小雨の中、日影林道から小仏城山を目指しました。雨のせいかヤブサメとの出会いは少なく、代わりにキビタキのさえずりに交じってハリエンジュに群がるサルの集団に出会いました。

 尾根に出るとウグイス、コジュケイ、アオバト、ホトトギス、ヒガラ、アオゲラ、シジュウカラのさえずりが聞こえ、ツツドリ、ホオジロ、カケス、ヒヨドリの姿を確認できました。

 昼前に小仏城山で昼食を済ませ、一丁平、もみじ台まき道を経て、山頂直下トイレ付近ではFITのセッコク観察会グループと鉢合わせしました。冨士路から薬王院参道経由、慰霊塔において鳥合せを行い解散しました。

 それから、有志で一号路を下りお目当てのオオルリとは出会えませんでしたがスギの大木に着生するセッコクを楽しむことができました。また、ケーブル駅近くの展望台付近で、ツバメ、イワツバメ、アマツバメの飛翔を観察し、改めて鳥たちの運動能力の素晴らしさを知ることができました。

 なお、ふたば会主催「鳥見の会」では3月の府中市浅間山、4月の葛西臨海公園と5月の高尾山に続いて、9月以降も鳥見を企画しているとのことで、今後の活動に期待したいものです。

〇鳥たち:サンコウチョウ、クロツグミ、ガビチョウ、ハシブトガラス、キジバト、シジュウカラ、ウグイス、ホトトギス、コジュケイ、ヤブサメ、アオバト、アオゲラ、カケス、ヒヨドリ、ホオジロ、イカル、ヒガラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロ、ツバメ、イワツバメ、アマツバメ、コサメビタキ(24)
〇植物:白花三兄弟(ヤブデマリ、マルバウツギ、ガクウツギ)、コゴメウツギ、フタリシズカ、キンラン、ハンショウヅル、サイハイラン、シャガ、エゴノキ、ハクウンボク、セッコク、イナモリソウ、ユキノシタ、マタタビの白い葉、ヤマグワの実、モミジイチゴの実、サルナシの花芽

参加人数:17名
幹事:ふたば会「鳥見の会」(吉原、吉野、加納、臼井、田中、米山)

 (報告:八木 美雄)



小仏城山近く必死にさえずるホオジロ


私たちをじっと見つめるサルたち


ガクウツギの大きな装飾花


雨上がりのコジャノメ


シモバシラの葉の上のワカバグモ



スギの枝に着生したセッコク


戻る