山滴る、夏の低山はいかい
2016年7月31日(日) 棒ノ折山


 都知事選の日、当日は雨の予報が出ており、天気が不安な中での実施になりました。

 いつもは混んでいる飯能駅出発のバスは、貸切り状態で、9時半に河又名栗湖入口下車、頂上目指して出発。 蒸し風呂のようなムッとする中、滝ノ平尾根(池ノ平尾根)を、ひたすら登りました。

 そよとも吹かない無風状態、登りが急で息が上がり、汗が頬を伝わる。口に含む水のなんとおいしいこと! オクモミジハグマ、サワフタギ、コアジサイの中を、必死で登りました。コウヤボウキの花がもう咲いていることに驚き、キツネノボタンの花が満開でした。  
 余裕が出てきた尾根歩きでは、バイカツツジの可憐な花を虫眼鏡で観察、ムラサキニガナのつぶらなつぼみ、キヌタソウの清楚な花が疲れを癒してくれました。

 息も絶え絶えになったお昼の12時に権次入峠(ゴンジリ峠)に到着。「あと10分で頂上だよ」の声に重い足を持ち上げる。この10分間の長かったこと。
 頂上では素晴らしい展望に恵まれ、下見の時には見ることができなかった遠くの山々が見える見晴らしに、疲れも吹っ飛びました。

 下りは、ハエドクソウの花、イワタバコの花に魅了されました。「イワタバコは何科だ?」の質問に、足元に注意を払いながらも疲れた脳を振り絞る。途中、黒い雲が現れましたが、雨に降られず無事に下山できました。「低山はいかい倶楽部」の日頃の行いが如何に良いのか、もし、雨であれば、非常に危険を伴う急な下りでした。

 下山後は、川井駅目指して、車道をひたすら歩く。途中、遅れが心配されましたが、川井駅には、ほぼ予定通りの到着となりました。

 「低山」にしては、ハードなコースだったとの声もありましたが、「山滴る」緑多い山道の爽やかさを、十分に堪能する事が出来たのではないかと思います。
 真夏の暑い中、2万歩を軽く超える行程を踏破する、参加者の方々の体力にも感心いたしました。3回も下見をしてルートを決めていただいた幹事の方々、下りで4回も転びながら安全な道を確かめてくれた幹事の方々、参加された皆様、楽しい時間を本当にありがとうございました。

 振り返り会では、たっぷりかいた汗を補うようにビールで乾杯、カレーを食べながら、これからの「低山はいかい倶楽部」への希望に話が盛り上がりました。

主幹事(敬称略):小勝眞佐枝(写真)
参加者(敬称略):
 津田勝、田口農雄、瀬川真治、丸山正、上野眞智子、吉原秀敏、小田野紀芳、
 福田正男、稲葉力、清水好博、市川陽子  以上12名

  (報告:市川 陽子)



面白い花のバイカツツジ


棒ノ折山山頂


山頂からの眺望(写真:小田野)


急な植林地を下る


イワタバコも面白い花


ニホンカモシカも現れました(写真:吉原)


戻る