冬の野鳥研修会
2016年2月7日(日) 仙川駅→成城学園


 京王線の仙川駅で集合し、午前中は仙川沿いを観察しながら歩き、成城学園付近で解散。午後は自由参加で、仙川〜国分寺崖線登り〜砧公園というコースでしたが、ほとんど全員が、午後のコースも参加しました。

 小金井市に端を発する仙川は、世田谷区辺りになると住宅街のど真ん中を流れていますが、驚くほど水がきれいでした。野鳥などの生き物保護のため、わざと中州を残したり水質にも気を配っているそうです。
 いきなりカモ類などの水鳥やセキレイなどの水辺の鳥がたくさん現れ、しかも岸近くの遊歩道から間近に見ることができてビックリしました。住宅の屋根の上に、アオサギがとまって日向ぼっこをしているのも、住宅街ならではの風景でした。
 コサギの黄色い足先もはっきり見えるほど水が澄んでいて、食べ物を探す様子もじっくりと観察できました。カワウは今まで不気味な印象でしたが、じっくり見ると羽の模様や目つきが素敵で、初めてカッコイイ!と思いました。
 午後の国分寺崖線の湧水の池近くや砧公園では、公園や周辺の林に見られる野鳥を観察しました。途中、都内では珍しいムクロジュの純林があり、参加者全員で実を探しました。詳しい場所はヒミツです。
 朝は、北風ピープーでとても寒かったのですが、その後お天気に恵まれ楽しく12kmほどを歩きました。5歳の時からこのあたりで活動している講師の斉藤さんの解説が、とても地元と野鳥たちへの愛情にあふれているのが印象的でした。

 午前中に観察できたトリは、カワラバト、スズメ、ハシブトガラス、ツグミ、カワラヒワ、コゲラ、キセキレイ、ヒヨドリ、カルガモ、コガモ、ハクセキレイ、ヒドリガモ、ムクドリ、ハシボソガラス、オナガガモ、コサギ、アオサギ、マガモ、カワセミ、カワウ、キジバト、ホシハジロ、ハシビロガモ、メジロ。
 午後に新たに観察されたトリは、エナガ、シジュウカラ、シロハラ、チョウゲンボウ、シメ、ウグイス、ヤマガラ、アオジ、で合わせて32種類でした。

講師:斉藤幸雄
参加者(敬称略):
    森田寛臣、藤田冨二、田口農雄、永井和久、小杉文俊、岩崎光義、丸山正、
    田口愛子、鈴木宏治、宮崎健、上野眞智子、前田満子、府川朝次、吉原秀敏、
    山本憲人、稲葉力、田川裕則、廣川妙子、内藤公雄、小勝眞佐枝

 (報告:小勝 眞佐枝)



仙川


観察風景



アオサギ



コサギ



カワウ



ムクロジュ


戻る