木の日の研修 『新年を寿ぎ、演出する植物たち』
2014年12月4日(木) 林友ビル6F中会議室


 12月4日に行われた「木の日研修」は午後から降り始めた冷たい雨の中、26名の会員が出席しました。

 今回のテーマは『新年を寿ぎ、演出する植物たち』―知っているようで知らない植物の存在感―
 講師は、我々の仲間である二宮靖男さん(FIT20年)が務められました。

 まずは、「おせち料理縁起当てクイズ」と、春の七草、おせち料理にちなむ。「野菜漢字クイズ」にてウオーミングアップとアイスブレーク。

研修に出席できなかった方へ数問のクイズ。

薺(  )繁縷(  )牛蒡(  )慈姑(  )菘(  )何と読むのでしょうか?
 (何れもワードで変換可能とのこと)

 研修前半は、テーマに沿って講師の解説。〈年神様を迎える〉〈角松〉〈献歳植物・瑞祥植物〉〈おせちを頂く〉〈松竹梅を知るためのキーワード〉等の 様々な場面の中で如何に多くの植物が存在感をもって人々の生活と関わりあっているかを、具体的事例を挙げ解りやすく解説していただきました。

 後半では、それらの画像を用いての解説。さながら、画像による自然観察会っのようでした。

 最後に、最近、講師が趣味で詠んでいるという植物川柳、戯れ歌のご披露があり終了となりました。

 (報告:24年 中村 和夫)



木の日研修風景1


木の日研修風景2


戻る