2014年度 基礎を学ぶ〈実践・森づくり技術講座〉 第五回
2014年12月20日(土) 鳩ノ巣フィールド  天気:曇りのち雨


 12月20日(土)、鳩ノ巣フィールドで「基礎を学ぶ<実践・森づくり技術>講座」第5回が行われ、FIT会員および友の会会員6名が参加しました。

 第5回目となる今回は「枝打ち」がテーマでした。

 開講式・準備体操の後、目指すエリアに向けてフィールド内を移動した後、まずは実習広場で講師から各種木登り道具の概要説明がありました。
 その後三班に分かれて、ムカデ梯子・ワンタッチラダー・ステップ、ぶり縄、登降機(チェーン付きの木登り機)を使って木登りの実践練習を体験しました。
 昼食後、講師から枝打ちについて(その目的や作業方法)説明があり、いよいよ実際に枝打ち体験です。午前中はぎこちなかった動作も、慣れるにつれ木登り 道具を上手に扱い、高所での枝打ちを行うことができるようになりました。一通りの実習が終了した時点で雨が本格的に降り出し無事一日のスケジュールをすべ て終えることができました。

 最後にノコギリや本日使った道具を手入れして、第五回講座を終了しました。
 講座終了後、この日の実習と全5回にわたる講座全体の振り返りを実施し、2014年度の森づくり技術講座を終了いたしました。

 参加者の皆さん、一年間お疲れ様でした。

(敬称略)
(講 師) 小島、木村、鈴木
(参加者) 雨宮、奥村、小勝、高田、中村、槙田
(事務局) 関

 (報告:23年 関 美知夫)



真剣なまなざし


ぶり縄の説明


上でちょっと休憩


枝打ちは楽しい


戻る