野外研修 2014 高山植物研修
2014年7月12日(土)〜13日(日) 秋田駒ヶ岳周辺、乳頭山縦走


 7月12日、13日に秋田駒にて高山植物研修会が行われました。

 1日目は、東京から田代平まで新幹線で移動。八合目から出発です。
 霧と風雨の中、高山の花々が迎えてくれました。ハクサンチドリから始まり、つぎつぎと普段見ることのない高山植物が現れます。昼近くは吹き飛ばされそうな風の中、大焼砂の途中まで行き、葉だけになったタカネスミレや、見頃のコマクサ、珍しいイワブクロを観察しました。

 2日目は、八合目から出発し、千沼ヶ原から乳頭山へと縦走コース。
 長い歩程でしたが、高層湿原、岩礫地と移り変わる環境それぞれに違った植物が見られ、飽きることなく前進しました。午後は途中で雨に降られ、ブナ帯は足元の悪い中の下山。楽しみにしていた温泉は時間が遅くて入ることができませんでした。
 しかし、宿泊した宿で入らせてもらい、その親切に一同感謝し、さっぱりして帰途につきました。

講師 中西、飯田
幹事 奥村
参加者 鈴木、杉山、仲田、小日向、奥村、林
合計9名

 (報告:16年 中西 由美子)



美しいハクサンチドリが迎えてくれました


礫地にはりつくように生えるイワブクロ


湯森山での集合写真


千沼ヶ原での集合写真


可憐なヒナザクラ


ニッコウキスゲの先に乳頭山山頂


戻る