「木の日」安全研修会
2014年4月3日(木) 林友ビル6F中会議室


 4月3日(木)「木の日」安全研修会が、25年(新入会員) 9名、 24年 5名を含め、総勢23名 の方が 参加して開催されました。

 講義内容は、次の3点です。

 1.CONE保険代理店「オフィステラ」代表の町頭隆児様より、リスクマネージメントの手順に ついて、また野外活動になぜ保険が必要かについて講義して頂きました。

  [傷害保険の定義] 傷害保険の対象となるのは、@急激 A偶然 B外来 の3点がそろっていること。

 2.FIT22年 鈴木宏治様より、勤務先での登山・ハイクツアーの安全管理総括としての経験 を踏まえ、「野外活動の主催者の心構えについて」講義して頂きました。

  [責任の原則]
 個人登山、山岳部、山岳会: 自己責任の原則 集団登山、学校登山、ツアー登山、ガイド(ツアー)登山:主催者責任

  [基本スタンス]
  捻挫・骨折まで含めた参加者行動中の事故をゼロとすることは、実態として難しい
   (年間取扱人数より)、人材教育研修、参加者啓蒙など、 リスク管理として効果が
  少しでも見込めることはすべてやり、99.9%の安全管理をめざす。

 3.藤本誠一安全部会長より、CONE保険の具体的な利用について説明して頂きました。

 [利用手続き]
 ・実施3日前までの「活動計画書」および「予定参加者及びスタッフの名簿(氏名・年齢明記)」 の安全部会長、事務局長への提出。
 ・実施後1週間以内の「FIT野外活動保険報告書」「確定参加者及びスタッフの名簿」「実施報告書」 の安全部会長、事務局長への提出。 保険料の所定振り込み先への振り込み。

 分からないことがあれば、安全部会まで問い合わせくださいとのことでした。

参加者 23名 (敬称略)
講師 4名 町頭隆児、鈴木宏治、藤本誠一、吉原邦男
生徒 19名

 (報告:24年 福田 正男 )



研修風景1


研修風景2


研修風景3


戻る