2014年 1月 低山はいかい
六阿弥陀道 其の一
2014年1月22日(水) 不忍池から扇大橋まで


 今年第1回め低山はいかい”六阿弥陀道 其の一”が行われました。

  今回のテーマ「六阿弥陀道」は江戸の庶民の楽しみの1つであったお彼岸の 「六阿弥陀」巡拝の道で、これには悲しい伝説が有ります。
 昔 名家の娘、足立姫が嫁ぎ先でそしりを受け侍女五人と共に入水して 果てたそうです。悲しんだ父親が行基菩薩に御願いすると,一夜にして 1本の木から六体の阿弥陀如来を彫り、近隣六寺に奉納したのだとか。

 今回「東都歳時記」に沿って五番目から 5つの寺を訪ねました。

9時半 不忍池を出発〜旧岩崎邸 「常楽院」六阿弥陀五番〜不忍通りを北上〜清水坂を登り〜護国院「大黒天」  〜言問い通り「一乗寺の山門」ここから寺町〜岡倉天心記念公園〜谷中銀座 「与楽寺」四番〜昼食

12時半出発〜「大龍寺」正岡子規の墓〜山手線踏切〜本郷通り〜旧古河庭園 「無量寺」三番〜「昌林寺」木残り〜ゲーテの小径〜飛鳥山公園「旧渋沢庭園」〜王子駅前「洋紙発祥の地」〜石神井川
「西福寺」一番〜隅田川〜「下道地蔵尊」〜豊島橋渡る〜荒川〜港北橋 「恵明寺」二番〜「性翁寺」木余り〜扇大橋15時20分終了

参加者 10名

 (報告:23年 前田 満子)



一番西福寺


二番恵明寺


三番無量寺


四番与楽寺


不忍池


木残り昌林寺


木余り性翁寺


戻る