除伐とツル植物
2013年10月14日(月・祝) 快晴
 奥多摩で林業塾を主宰していた新島先生にご指導いただき、 古里で研修を行いました。
今回は寸庭谷林地での研修。今後の間伐を効率よく進めるため林縁の広葉樹を除伐しておく作業です。ホオノキの大木をはじめミズキ、リョウブ、アブラチャン、クロモジ等を次々と抜倒していくもの。 つるが絡まった高木を思った通りの方向に倒すのはかなり難かしかったですが、つるが複雑に絡み合った手強いものを次々とあびせ倒し予定エリアをすっきりさせることができました。
新島先生から 『スギ起こし(雪起しのこと)の針金のはずし方』、『雨模様になると弁当箱の底が湿る』、『ヤマブドウの実は黒色ではなくエビ茶色が甘い』、『除伐は地面から20cmで切る』等々、言い伝えや深い言葉を色々と教えて頂きました。

作業の段取りを説明

目にも止まらぬ早業

浴びせ倒し

ミツバアケビの割り方

戻る