廃屋跡地防風用カシの整備
2013年3月23日(土) 晴れ

 古里で林業塾を主宰されていた新島敏行先生に指導いただく研修作業を本日行いました。廃屋を取り壊した敷地に、かって防風のため北西と南に植えたカシ4本が伸びすぎてしまったため整理する作業でした。何回も頭は伐られているのでそれほど背は高くないですが、幹は太く枝をめいっぱい広げていました。目印ということもありこの幹だけは寸胴で低い位置で残しました。木に登り小形のチェンソウでひたすら切り落としたので難しい作業ではありませんが、後の片付けが大変でした。休憩時間に新島先生が空き地に散らばっている枯れた茎を見せて「強い繊維があるが何か解るか」との質問でした。草なのでカラムシとか言ったのですが、みな「はずれ」でミョウガの茎でした。昔はこの繊維を背負い籠の紐の部分に使ったそうですが、肩に優しいとても良い素材だったそうです。森林作業のご指導の他にこう言う昔の生活の知恵のようなことが具体的に聞けるのがとても面白く、楽しみです。ちなみに家に帰ってミョウガの茎の繊維の利用をネットで検索して見たら、編んだ縄で民芸品を作ったり、草履の材料の一つとして混ぜ込んでいる話が出ていました。


防風用北西の角のカシ二本

南側のカシ、小型チェンソーが威力を発揮

難しいところは手ノコで安全に

かなりバランスを必要とします

隣地に迷惑がかからぬよう幹も低く切る

ミョウガの茎の繊維、強く優しい素材

戻る