お日の森 2017年5月9日(日)
石川林地と傾斜木の処理

お日の森くらぶはフィ−ルドに隣接している民有地の整備も行っている。本日は石川林地の杉、檜の傾斜木や欠損木の処理を行う。長い間手入れが行われていなかったので風雨による傾斜木や欠損木、枯木などが目立つようになっていた。参加15名。2班体制で杉材を3本処理(径2030p、樹高10数m)。3〜4mで玉切り、皮をむいて保管。枝は作業道の粗朶柵補修ようとして確保。斜面が少し急な場所で作業に不慣れな方もいましたがそれぞれに協力をして、無事作業を終える事ができました。不慣れな方の感想は、伐倒、材を斜面から降ろす作業は少々大変でしたが、皮むきは快感(この時期はスム−ズにむける)だったとの事、今後もこの作業は続くので楽しみである。



傾斜木

伐倒

皮むき

集合写真

終了