お日の森 2015年4月26日(日)
危険木や枯損木の処理
  4月前半の活動日は天候不順で作業が出来ず、26日は1ヶ月ぶりの作業とあって、初参加の若者6名(女性1名)を含む21名の参加で、3班に分かれての作業。1班はA9エリアの危険木処理、2班は作業道の補修とA9エリアの枯損木処理、3班は初参加の方へのお日の森紹介(散策)、道具の使い方と簡単な作業指導を行う。12班共チェ−ンソ−を使い伐倒、玉切り、枝の処理を行いながら、その材を人力で移動、運搬をする。日差しもあり久しぶりに心地よい汗をかいた。作業後のA9エリアは見通しもよくなり明るくなった。また、補修した作業道は歩きやすくなった。初参加の6人の作業後の感想は、自然や里山に関心があったので実作業を見て、少し体験をして身近になったとの事、引続きお日の森活動に参加して頂ける事を期待したい。 


除伐

道具の手入れ

集合写真

終了