お日の森 2015年3月10日(火)
シイタケ駒打ち及び法面草刈り
  本日の参加者は13名。2班に分かれての作業。1班はしいたけ駒打ちを行う。昨年12月末に準備したコナラのほだ木30数本にしいたけ菌(駒)を打つ。直径約10センチ、長さ90センチのほだ木にドリルで下穴をあけ、30数個打つ。5人で半日作業になったが2〜3年後の収穫が楽しみである。2班はお日の森入口付近の法面の草刈りを行う。法面には植栽木も多く最初に目印の竹棒を挿し、刈払機では比較的平らな部分を、斜面は手刈りで行う。  刈払い機は振動機械でもあるので30分交代での作業、斜面の中での作業はそれなりにきついので周りへの配慮をしながら行う。作業後の法面はさっぱり、スッキリとなる。作業中に冬眠中の“ヤマヒキガエル”に対面。どうも足を鎌で引っ掛けたらしい、おもむろに目を開け鋭い眼光が光った。お日の森に“春の使者”が訪れたようだ。


シイタケ駒打ち

法面草刈り前

法面草刈り後

ヤマヒキガエル

集合写真
 

終了