お日の森 2014年12月28日(日)
除伐及びシイタケのホダギ作り
 作業に先立ち、過日(12/22) “まちむら機構”の監査があり作業面積の測定・関係資料の審査が無事終わったとの報告がされました。本日の参加者は20名。A12エリアの除伐班、A13エリアの除伐班、シイタケほだ木作り班、山の神の整備班と4班体制で作業を行いました。お日の森は全体を幾つかのエリアに分け順次整備を行っていますが、天候や参加者によって計画通りに作業が進まないのが現状です。A12、A13エリアは久々の作業で、山(森)はだいぶスッキリしました。また、ほだ木作りではコナラ(直径30数p)2本を伐倒し、ほだ木(太さ1015p、長さ90p)30数本を調達しました。いつもながら、1本を伐倒すると材の処理、枝の処理、片づけなどの後処理に時間を要します。山の神整備では周囲を清掃・片づけ、榊を供え、四手を新装し、迎春の準備が整いました。作業後は、高尾駅前で忘年会を催しお酒も肴も話題も尽きる事なく、今年1年の無事を喜び、仲間(参加者)との交流・親睦を図りました。  


集合写真

山の神

除伐作業

除伐作業

終了