お日の森 2013年7月9日(水)
入口法面草刈り、残材処理

参加者12名。この日の“お日の森”は暑く、身支度をしているだけで汗が滴り落ちる状況。作業前ミ−ティングで“今日は作業中心ではなく、休み中心での 作業、水分補給をしながら熱中症とハチには注意をしましょう。”と確認 をする。法面草刈り班は、草刈り機のエンジン音よろしく作業開始、手ガマによる 作業も暑さとの戦い。“リム−バ−”という声...、どうやらハチ(クロス ズメバチ)のお出迎えのようだ。残材処理班は前回伐採の残材処理と片づけ、 園内道の補修を行う。輪切りをした材はそれなりに重く、二人、三人掛り で運ぶ。この暑さの中で力仕事は体力消耗も激しいし、汗の量も半端では ない。ペットボトルの水をあっという間に飲み干す。 昼食の時、“ルリボシカミキリ”が2匹、仲睦まじく重なり合っているのを 発見、そっと観察をする。暑さが似合うオカトラノウの白い花、シモツケ の赤い花が一時の清涼剤となる。 午後2時、ほぼ予定通りの作業を終える。夏作業には“暑さ対策”も必要だが、“暑さに負けない気力”も必要と感じた一日でした。



草刈り前

草刈り後

残材処理前

残材処理後

ルリボシカミキリ

集合写真

終了