お日の森 2013年2月12日(火)

大径木伐採、落葉運び、植栽予定地整備

参加者11名で2班に分かれて活動を行いました。1班は6名でA1地区のカエデ、コナラとスギ各1本の伐採と整備を行いました。カエデ斜面下の民家に向けて大きく傾いて生えておりかなり樹齢を重ねている樹でもあり台風・強風などにより倒れる危険性もあり伐採する必要が出ていました。同様にコナラはかなり病気によるコブが発生しており、またスギも上部がかなり枯損して処理する必要が出ていました。3本とも樹齢を重ねた大径木で、また民家に向かって生えているため、伐倒の方向・手順を十分検討したうえで作業に当たりました。熟練したメンバーによる慎重な作業により安全に予定した方向に伐倒することができました。倒木の処理は結構難儀な作業でしたが、全員の努力によりなんとか無事に終えることができ危険性のあった樹木の処理を行うことができました。25名は落葉掻きと集めた落ち葉の山主宅への運搬を午前中に行い、午後は植栽の予定地の整備を行いました。山主宅に運ばれた落ち葉は堆肥として使われ何年か後にお日の森の落ち葉で育ったおいしい野菜が収穫されると期待しています。そして春には数種類の樹木の植栽を予定しており数年後には様々な花が咲き、そして果実ができることが楽しみです。


伐採方向検討中

伐採木運び出し

落葉収集中

集まった落ち葉

戻る