お日の森 2012年8月26日(日)

伐採木の整理、山の神広場のベンチ交換

参加者は15名。夏休みにしていたため8月最初の定例活動は残暑が厳しい中、3班に分かれてA1エリアの整備を行いました。A1エリアはお日の森入口から作業小屋、山ノ神広場を中心とした一画です。このエリアは5年間手を入れないで観察を続けてきた結果、植生が変わらないことが分かりました。おそらく原因は鬱閉によるもの。 そこで数ヶ月前から、日当たりを良くするためコナラ、ホウノキなどの大木を伐って整備してきましたが、今回の作業でA1エリアの整備に一応の目処を付けることになりました。今後の構想は、山ノ神の祠を背にして右側エリアに植樹、左側エリアは日当たりが良くなった自然の回復に任せます。植樹は、東京都から7種70本の苗木をもらえることが決まり、3月に植樹を行う計画です。 今回の作業内容は、今後の植樹、自然植生の回復に備えA1エリアに残っている間伐材や枯れ枝、枯葉の片付けがメインでした。1班はのり面整備でしたが、のり面に残置されていた杉の間伐材を山ノ神広場まで引き上げて皮を剥き、6脚のベンチを新しくしました。他に一部土留め、道脇の枯れ枝、枯葉の片付けを行いました。時折コナラの若い実が落ちてきて驚かされたり、5月に伐ったホオノキの切り株の萌芽に感心したり、汗をかいた後の熱いお茶が意外とうまいと思ったり、木陰を通り抜ける風が心地良いと感じたり、色々気づいてお日の森を後にしました。(ホントに暑かったです!実働4時間程度で水1.5L飲みました。参考までに)


伐木運び

のり面かたずけ

伐木を止めるための杭打ち

キツネノカミソリ

戻る