お日の森 2012年7月10日(火)

のり面草刈り、残材整理


草刈り

残材処理作業中

残材処理後

ホタルガ

アケビコノハの幼虫

集合写真

戻る


参加者は初めの方1名を含めて14名で、まずは有志が朝早めに集まって刃こぼれしている造林ガマを研ぎました。1班は入口法面草刈を行いました。上の方までほぼ刈り終わりましたが、最後に1名スズメバチらしきハチに刺されてしまいました。入口右側は大径木が日を求めて高くまで育ち、そのため下部の日当たりが悪く、当初からほとんど植生が変わらないところですが、この大きくなりすぎた木々を伐って日当たりを良くして林内植物の新陳代謝を図ろうとのことで、ここ数カ月の臨時作業で伐採した大径木の残材整理を2班は行いました。道の山側に80cmほどの粗朶柵を作り、そこに枝や葉を片付けていきました。特別班は3年目を迎えた駒木野国有林を森林官達3名といっしょに巡察しました。ヤマアジサイやオカトラノオが咲き、ホタルガが舞い、アケビコノハとヤママユガの幼虫が闊歩するお日の森でした。