お日の森 2011年9月13日(火

炭焼き跡地までの道整備

 参加者は13名でした。1班は横材・杭材を調達すべくチェーンソーで伐倒後、谷側斜面に横材を置いていきます。2班は杭材を作成し横材を留めた後、道の山側斜面をトンガで広げ、平らに整備していきます。3班は初参加者2名にフィールド案内し、終了後に各班の作業に合流しました。この辺りは最近作業をしていないため、ツルが絡らんだりして、かかり木になって大変苦労していました。また、暑くて汗が噴き出すので水分を十分に補給しながら作業しました。炭焼き跡広場は山の守広場にくらべてかなり広く明るい場所ですので道整備後の活用が期待できます。炭焼き跡までの道はもう少しで整備され、次は大ヒノキまでの道の整備がはじまります。2:30に作業は終了し、振り返り後、記念撮影して事故・怪我もなく解散しました。初参加者からは「勉強になった。」「道づくりが楽しかった。」との声が聞けました。朝作業小屋の前にテンと思われる糞がありました。モンキアゲハがゆらゆら飛んでいるお日の森でした。


伐り出した材

杭作り

炭焼き跡地で昼飯

道整備後

戻る