お日の森 2010年4月13日(火)、25日(日)
伐倒・笹刈り・残材整理など

 両日とも、初夏を思わせる汗ばむ陽気でした。参加者は、それぞれ、14人、23人でした。コナラの高木の伐倒では、かかり木になるものも多く、難航しましたが、計8本の伐倒し、シイタケ本伏せに使うため3メートルの長さに玉切りして、山の神広場まで運びました。林内の残材を吉山先生宅へ運び、炭にするために切断機で細かく処理しました。切断作業はとても骨の折れる作業ですが、膨大に積み上げられていた粗朶の山を全て整理しました。また、入口付近の南斜面の笹刈りは、この時期にまだ伸びていない笹を刈ることでこれからの旺盛な繁殖力を防ぐことができます。班長さんから剪定ばさみの使い方、研ぎ方を丁寧に教わりました。特任班として、初参加者のフィールド案内およびフィールドマップ作成のための調査を行いました。また、13日には巣箱にヤマガラが入っているのが見られましたが、25日には見られなくなっており、気に入ってもらえなかったのでしょうか。沢沿いには、ニリンソウ、イチリンソウ、林内にはチゴユリなどもたくさん咲くようになり、整備の成果が確実に見えています。



コナラの伐倒

笹刈り

丸太運び

残材の切断作業

ロープワーク

尾根すじの間伐

戻る