お日の森 2010年1月24日(日)
神事・シイタケ菌打ち・鳥の巣箱架け

1月12日(火)は悪天候、中止となった為、今回が今年初の作業でした。まず神事を行い、西浅川山林組合様から6名、吉山寛先生、参加者21名、計28名の参加のもと、お供え(御神酒錫と幣、お神酒、塩、スズシロ)をし、御礼と安全祈願いたしました。作業は、今年から初めて取り組む椎茸栽培。昨秋から伐倒して乾燥させておいたコナラのほだ木に、約1900個の棒駒菌を植菌しました。今回は、日本農林種菌鰍フ椎茸の作り方を参考にし、棒駒菌「すその360号」を使い、仮伏せは、井桁積みと薪積みしコモで覆う2種類の方法を試みました。電源や道具などを隣家や山林組合の方にお借りしてお世話になり、全員が全ての作業行程を体験することができました。順調に菌の活着、生育しますように!また、冬の恒例作業、落葉掻き。45袋を詰め、組合の方の畑に運びました。後日、米ぬかと混ぜて腐葉土にするそうです。また、念願だった鳥の巣箱2個を取り付けました。器用なFさんにシジュウカラ用(28ミリの穴)に作っていただいたもの。取り付け時期は少し遅いかもしれませんが、この巣箱から雛が巣立ってくれるとうれしいです!



山ノ神を前に神事

椎茸の植菌その1

椎茸の植菌その2

仮伏せ

落ち葉掻き

鳥の巣箱掛け

戻る