2009年12月8日(火)、27日(日) お日の森
道整備、落葉掻き、協議会など


戻る


 8日は、16名の参加で、今までの伐倒木や林内の整理と道の整備でした。ほだ木用に玉切りした材は井桁積みにして寒冷紗で覆い、その他の材は枝と葉に分けて残材置場へ運び、保管。また、入り口部分の急な道を、拡幅してなだらかな階段状に整備しました。27日(日)は、暖かい陽気の中、27名の参加で、フィールド視察と落葉掻き・小屋の大掃除・協議会行い、今年最後の活動の締めくくりを行いました。午前中は3班に分かれて今年の成果や今後の計画などを話しながらフィールドを一周しました。その後、落葉掻きをして山林組合の峯尾さんの畑に運び、堆肥として毎年活用して頂きます。午後は浅川市民センターで協議会を行いました。今年度の活動状況と懸案事項の報告、林形部会、作業部会、広報からの報告。特に林形部会からは、今後の森づくりのイメージ、「雑木山の復元」と「地域や都市の子ども達の遊びや体験の場を作る」というゾーニング計画が出されました。これまでの3年間で、整備もかなり進んできた中で、最近では近くの幼稚園の子ども達がよく遊びに来てくれるようになりました。来年度からは更に具体的な計画が待っています。


材の運搬

ほだ木用に保管

入口の道の整備

道の完成