2009年5月12日(火)と24日(日) お日の森
子供イノシシの散歩草刈りなど


戻る


 5月の2回の作業の報告です。12日(火)は蒸し暑く、24日(日)は小雨。でも、元気な仲間が毎回集まる。それぞれ17人、22人の参加でした。そして、12日のハプニングは、午後一番の作業を始めようとした時、イノシシだ!体長60~70センチくらい。ウリ模様はないが、子供のようだ。見ている我々に臆することもなく、作業してきれいになった斜面一帯を、小走りで、2周ほど周り、それは、まるでいつもの「散歩」のよう。眺めている我々全員とイノシシさんとその空間を共有した不思議なひとときでした。
 作業は、前回からの続きで、入口付近南側の残材整理と斜面の草刈りです。以前から除伐の後に積み重ねてあった残材を「巻き落とし」して、下の箇所に集め、袋に詰めて、運ぶ。ササや葉の部分は、沢沿いの「ボサ置き場」へ、幹や枝の部分は吉山先生の所に運び、炭にして肥料にします。22日は、小雨の中、昨年夏に崩落した沢の整備、残材運びなどを行い、午前中で切り上げました。林床には、野草も増え、目を楽しませてくれます。


イノシシさんの散歩

巻き落としで残材整理

重い材をチルホールで引く

斜面の草刈り

雨の中の作業

マルバウツギと山男たち

アサギマダラの終齢幼虫、糸を出し始めた

きれいになった斜面で集合写真