2008年11月23日(日) お日の森
崩壊個所の修復と間伐


戻る


チルホールは意外に疲れる

隣接の植林地で間伐

沢に崩落した木の引き上げ作業

谷すじの崩壊した道の補修

町会のリヤカーを借り残材運び

作業を終えて 今日もいい汗をかきました

穏やかな日和ときれいな紅葉のもと、22名の参加で、前回に引続き、8月末豪雨により崩壊した沢沿いの箇所の修復に汗を流しました。お日の森の林地に隣接するヒノキ、スギ植林地の所有者が西淺川山林組合の方であることがわかり、今回より、間伐とその材を活用させていただくことが可能となりました。急斜面の林地で間伐し、材を運んで活用し、崩落箇所の道も完成しました。沢に根こそぎ倒れこんだ木々の引き上げを、チルホールとロープを駆使して行い、沢には、しみだした水がたくさん溜まるくらいきれいになりました。また、町内会からリヤカーをお借りすることができ、残材を下の吉山先生の畑まで運び、肥料にしてもらいます。全て、重労働でしたが、皆で達成感を味わった一日でした。