2008年11月11日(火) お日の森
崩壊した道の整備


戻る

11月11日(火)14名が参加しお日の森の作業で汗を流しました。8月末のゲリラ雷雨により崩壊した沢筋の道の補修や沢に落ちた樹木の整備作業を始めました。入口より沢に沿った道の雨水で侵食された箇所には杉の倒木を活用。倒木といっても2本の杉の立木の間に沢方向に倒れ掛かったままです。チルホールとロープを駆使し道沿いにこの材を倒しました。橋の少し上流部の根のまま崩落したコナラやイタヤカエデは沢に横倒しにして必要長さに伐り、橋手前の道の補修に使用。沢からの材の引き上げや杭材の運搬など力を要す作業が多く大変でしたが、達成感を味わった一日でした。


チルホールとロープを駆使して倒木処理

歩きやすくなった橋の手前の道

4mあまりのコナラ材を運搬

杭つくり

かなり整理された沢

お疲れ様でした